銘木の種類

  • HOME
  • 銘木の種類

ケヤキ

ニレ科の落葉広葉樹。本州、四国、九州に分布。
建築材、家具材、建具材、造作材などに幅広く使用されている。特に寺社建築に用されている。

ヒノキ

ヒノキ科の常緑針葉樹。本州中部から四国、九州、屋久島に分布。
寺社建築などの高級建築材として使用され、造作材、建具材、家具材などにも使用される。狂いは少なく、加工しやすい。

サクラ

バラ科の落葉広葉樹。本州、四国、九州に分布。その他朝鮮半島にも分布。
高級家具材、楽器用材、建築材、造作材、彫刻材などに使用される。

カエデ

カエデ科の落葉広葉樹。北海道、本州、四国、九州に分布。その他朝鮮半島、中国大陸にも分布。
家具材、建築内装材、楽器用材、運動具材などに使用され、一部工芸材料としても珍重されている。

マツ

マツ科の常緑針葉樹。本州、四国から九州、屋久島に分布。その他朝鮮にも分布。
樹皮ははげやすく、赤褐色で木目は鮮明。
建築材、造作材、土木材、杭材など幅広く利用される。

スギ

スギ科の常緑針葉樹。日本の代表的な樹種で本州北部から屋久島に分布。
主に建築材として使用され、建具材、梱包用材などにも使用される。
比較的狂いは少なく、切削などの加工も容易。

・秋田杉

節がなく通直で、年輪の幅が細やかで均一な木目模様であり、特有の淡紅色をおび、優美な色と香りを持つ。

・吉野杉

節目が正しくまっすぐで、曲がりや伸縮、色合いの変化が少ない。